patch コマンドで tab と space の違いを無視する

Home » メモ帳 » Linux » patch コマンドで tab と space の違いを無視する
Linux コメントはまだありません

-l または –ignore-whitespace オプションを使う

patch コマンドでパッチを当てようとするんだけど、tab(タブ)とspace(スペース)の違いでパッチがうまく当たらないことがある。

patch に -l または –ignore-whitespace オプションをつけてあげれば無視してくれるようになるので当たる。

-l または --ignore-whitespace
 タブやスペースが変更されている場合のために、パターンの一致をゆるく見る。パッチファイル中の 1 個または複数の空白の並びはオリジナルファイルの空白のどの並びにも一致し、行末の空白の並びは無視される。通常文字は完全に一致していなければならない。コンテキストの各行はオリジナルファイルの 1 行に一致していなければならない。

参考文書

Manpage of PATCH