VMware 上の CentOS の時間が狂う…は divider で回避

Home » メモ帳 » Linux » VMware 上の CentOS の時間が狂う…は divider で回避
Linux コメントはまだありません

VMware 上の CentOS の時間が狂う 件ですが、その後 Red Hat によってカーネルブートパラメータによる回避策が用意されました。CentOS 4.7 (2.6.9-78.EL), CentOS 5.1 (2.6.18-53.el5) 以降であればこの新しいカーネルブートパラメータ divider をサポートしているのでカーネルの再構築は必要なくなります。

カーネルをバージョンアップして /boot/grub/grub.conf でカーネルブートパラメータを追加します。もちろん再起動が必要です。追加するパラメータは Timekeeping best practices for Linux (VMware Self-Service) を参考にしています。

CentOS 4.7 の場合

--- /boot/grub/grub.conf.old
+++ /boot/grub/grub.conf
@@ -13,5 +13,5 @@
 hiddenmenu title CentOS (2.6.9-78.ELsmp)        root (hd0,0)
-       kernel /boot/vmlinuz-2.6.9-78.ELsmp ro root=LABEL=/
+       kernel /boot/vmlinuz-2.6.9-78.ELsmp ro root=LABEL=/ clock=pmtmr divider=10
 initrd /boot/initrd-2.6.9-78.ELsmp.img

CentOS 5.1の場合

--- /boot/grub/grub.conf.old
+++ /boot/grub/grub.conf
@@ -13,5 +13,5 @@
 hiddenmenu title CentOS (2.6.18-53.el5)         root (hd0,0)
-        kernel /vmlinuz-2.6.18-53.el5 ro root=LABEL=/
+        kernel /vmlinuz-2.6.18-53.el5 ro root=LABEL=/ divider=10 clocksource=acpi_pm
 initrd /initrd-2.6.18-53.el5.img

参考文書