現代の技術を持ってすればエニグマをも解読できる (*^ー゚)b グッジョブ!!

  ニュース

情報漏えい (´・ω・`)/~~

パソコン盗難、顧客1631件分の情報・富士ゼロックス社員 (NIKKEI)

営業担当社員が盗難に遭い、法人顧客1631件分のメールアドレス、電話番号などの情報が入ったノートパソコンが盗まれたと発表した。同社によると、社員は2月17日午後10時ごろ、東京都品川区内の飲食店で食事を終えて路上に止めていた車に戻ったところ、後部座席の窓ガラスが割られ、車内から業務用パソコンが入った手提げかばんが盗まれていた。 >> 富士ゼロックス お客様情報を含むノートパソコンの盗難について <<

岡山県警からも捜査資料がネット流出 (Slashdot)

岡山県警倉敷署に勤務する40代の巡査長のPCから、捜査資料など1500人分の個人情報が流失していたことが明らかになったとのこと。Winnyによるもののようである。
>> Yahoo!ニュース – 時事通信 – 捜査資料がネット流出=個人情報1500人分-岡山県警 <<
>> 捜査資料がネット流出/岡山、1500人の情報も-四国新聞社-香川県ニュース <<
>> 山陽新聞 ニュース <<

現代の技術を持ってすればエニグマをも解読できる (*^ー゚)b グッジョブ!!

エニグマ暗号文、64年ぶりに解読 (Slashdot)

第二次世界大戦中にナチス・ドイツが「エニグマ」を使って発信した暗号文のうち、未解読のままにだった三つの暗号文の内の一つを、ドイツのアマ暗号解読家がインターネット上の有志らと共同で六十四年ぶりに解読した。今回解読した暗号文は、一九四二年にドイツが新しい暗号システムを採用して発信したものらしく、ドイツのUボートから海軍司令官が発信したものであり、「連合軍の艦隊を追跡している」などと読めるという。 >> 「速度8ノット、敵追跡中」:分散コンピューティングで解読されたEnigmaの暗号 – CNET Japan <<
…エニグマ暗号を知らんと恥ずかしいぞ。 (/ω\)ハズカシーィ

郵政公社の新ネットが判明,全国2万超の拠点を2重のIP-VPNで接続 (ITpro)

日本郵政公社が2007年の分社・民営化に向けて構築する次世代IPネットワークの概要が明らかになった。構築するのは「第4次郵政総合情報通信ネットワーク(PNET:Postal advanced NETwork system)」。現在の第3次PNETから全面的に刷新する。郵便事業,郵便貯金,簡易保険,郵便局で計30万人もの職員,そして各事業の顧客が利用する巨大なネットワークとなる。
…30万人が利用するイントラネット?おもしろそうだから、関わってみたいなぁ。 (・∀・)チゴイネ!