Windows XP ターミナルサービスで ClearType と TrueColor サポート ┐(´д`)┌ ヤレヤレ

Home » メモ帳 » Windows » Windows XP ターミナルサービスで ClearType と TrueColor サポート ┐(´д`)┌ ヤレヤレ
Windows コメントはまだありません

クライアントの話ではありません。サーバの話です。

Windows XP のターミナルサービス(リモートデスクトップ)でも SP3 があたっていれば ClearType(フォントスムージング)や True Color(24bit カラー)が利用できます。デフォルトでは使えない(この辺が Microsoft のいやらしいところ)ので、設定をしてあげる必要があります。

ClearType はレジストリエディタで AllowFontAntiAlias というレジストリを追加します。ターミナルサービスは net コマンドで停止・再起動できないので、Windows 自体を再起動する必要があり注意が必要です。True Color はグループポリシーエディタから設定します。32bit には残念ながらできません。

これでメイリオもばっちりです。

ターミナルサーバで ClearType を有効にする

ファイル名を指定して実行 > regedit.exe

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations

“AllowFontAntiAlias” = dword:00000001

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\WinStations\RDP-Tcp

“AllowFontAntiAlias” = dword:00000001

設定を有効にするには Windows を再起動する必要があります。

使い方: リモートデスクトップ接続(mstsc.exe) > オプション > エクスペリエンス タブ > 次の設定を許可する > フォントスムージング

ターミナルサーバで True Color を有効にする

ファイル名を指定して実行 > gpedit.msc

コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > ターミナルサービス > 色の解像度を制限する

色の解像度を制限する: 有効

色の解像度: クライアント互換

設定を有効にするにはリモートデスクトップを切断する必要があります。

使い方: リモートデスクトップ接続(mstsc.exe) > オプション > 画面 タブ > 画面の色 > True Color (24bit) 以上を選択

参考文書

> CodeProject: ClearType over Remote Desktop in Windows XP. Free source code and programming help

> ダウンロードの詳細 : Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント