Solaris 10 の設定: xntpd で時間同期

  Unix

xntpd の設定ファイル /etc/inet/ntp.conf を作成する。

$ sudo vi /etc/inet/ntp.conf

server ntp.nict.jp
server ntp.bbtec.net

server 127.127.1.0
fudge 127.127.1.0 stratum 10

broadcast 224.0.1.1 ttl 4

enable auth monitor
driftfile /var/ntp/ntp.drift
statsdir /var/ntp/ntpstats/
filegen peerstats file peerstats type day enable
filegen loopstats file loopstats type day enable
filegen clockstats file clockstats type day enable

keys /etc/inet/ntp.keys
trustedkey 0
requestkey 0
controlkey 0

ここでは、NICT の ntp.nict.jp と、Yahoo! BB の ntp.bbtec.net を設定している。

とりあえず、手動で一発同期しておく。

$ sudo /usr/sbin/ntpdate ntp.nict.jp

13 Jun 00:20:57 ntpdate[18379]: step time server 133.243.238.244 offset -198.590405 sec

誤差調整用ファイル ntp.drift を作って、サービスを起動する。

$ sudo touch /var/ntp/ntp.drift
$ sudo /usr/sbin/svcadm enable svc:/network/ntp:default

xntpd の稼動状態を確認する。

$ /usr/sbin/ntpq -p

     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset    disp
==============================================================================
LOCAL(0) LOCAL(0) 10 l 49 64 17 0.00 0.000 1885.01
NTP.MCAST.NET 0.0.0.0 16 u - 64 0 0.00 0.000 16000.0
ntp-a2.nict.go. .PPS. 1 u 18 64 17 23.93 12.964 1881.33
ntp.bbtec.net ntp1.idc.ad.jp 2 u 13 64 17 22.29 13.040 1881.39

さらに5分くらい待って、同期できているか確認する。

$ /usr/sbin/ntpq -p

     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset    disp
==============================================================================
LOCAL(0) LOCAL(0) 10 l 24 64 377 0.00 0.000 10.01
NTP.MCAST.NET 0.0.0.0 16 u - 64 0 0.00 0.000 16000.0
*ntp-a2.nict.go. .PPS. 1 u 57 64 177 23.50 4.805 131.58
+ntp.bbtec.net san-ntp1.jpnap. 2 u 53 64 177 22.52 0.734 130.39

xntpd が起動して間もない(5分くらい経たないと)と、同期中を示す *, + の表示は現れない。

使用例の記号説明
左端の記号
  "*" :現在,参照同期中のサーバー
  "+" :現在,クロック誤り検査に合格したサーバー
  "#" :現在,参照同期中ですが,距離が遠いサーバー
  " " :現在,参照していないサーバー
  "x" :現在,クロック誤り検査で不合格になったサーバー
  "." :現在,参照リストからはずされたサーバー

remote :サーバー・アドレス
refid :参照ID(サーバーが参照しているマシンID.不明の場合は0.0.0.0)
st :サーバーのストラータム(一次サーバーは1,二次サーバーは2)
t :ピアの型 (l:local, u:unicast, m:multicast, b:broadcast)
when :いつ最後のバケットを受信したか(秒単位).(何秒前に受信したか)
poll :ポーリングの時間間隔(秒単位).
reach :到達可能性に関するレジスタ・データ(8進数:到達実績が多いと大)
delay :推定遅延(ミリ秒単位).
offset :偏差補償(ミリ秒単位).
disp :分散(ミリ秒単位).

参考文書

>> docs.sun.com: Solaris のシステム管理 (ネットワークサービス)
>> NICT 公開 NTP サービス ntp.nict.jp
>> Solaris 10 x86に関するページ